読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

老年学はおもしろい!

新しい専門を学ぶ毎日を綴ります。プラス時々息抜き。

最初に買った本は

老年学 ジェロントロジーという言葉を知ったのは数年前です。

それまで気にしていたことの多くが、このカテゴリーで整理されることを知り目からウロコでした。

 

最初に買った本は、

『ジェロントロジー GERONTOLOGY  加齢の価値と社会の力学』

Robert C. Atchley / Amanda S. Barusch 共著

宮内康二 編訳

(株)ニッセイ基礎研究所ジェロントロジ―フォーラム 監訳

きんざい 2005年

です。

 

エイジングについて、さまざまな方面から書かれていて興味深いです。

誰もが「加齢」しますから、誰にも関係する話でおもしろい。

もう一度読み返していこうと思います。

広告を非表示にする